Welcome to Kazu Music Japan.
園が道祖神を生む話

 熊本で2代目若手園長先生の研究会で講演した時のことです。なぜか男性中心の会でした。懇親会で、お酒の入って、若い園長先生がマイクを握って本音を言いました。

 「松居先生。親たちは、僕の母、先代の言うことはよく聴いたのに、なんで僕の言うことは聴いてくれないんでしょう」
 保育の核心にせまる質問です。私は嬉しくなって考えました。
 「先代は、お元気ですか?」と尋ねました。元気です、という返事に、「まさか、先代を引退させてしまったんではないでしょうね」

 保育園も代替わりを迎えています。ビジネス界の真似をして、後進に道をゆずる、時代に即した経営、などと考えて、創設者である園長理事長が引退する現象が起こっています。しかし、忘れてもらっては困るのです。
 保育園という特殊な「子育ての」仕組みが、「代替わり」を迎えるのは、人類の歴史始まって以来初めてのことなのです。園は「子育て」という太古から続く伝承の流れに関わっていながら、ごく最近作られた未知なる仕組み。お団子を売るのとはわけが違う。だからこそ、その仕組みを創り上げるには細心の注意が必要です。経営を譲るのはいいでしょう。でも、園を任せていいのだろうか。

 「40年以上勤めた保育士に『引退』はありません」と私は言いました。「保育士を20年、人が幼児の集団に20年囲まれれば、『地べたの番人』という称号を得ます。40年勤めれば、『道祖神』という格付けになっているのです」
 その時たまたま「道祖神」という言葉が浮かんだのですが、眺めるだけで太古の真実を感じるものならば、なんでもいいのでした。

 「まさか、道祖神を引退させたんじゃないでしょうね」
 笑いながら話すと、若手園長すぐにピンときました。瞬時に理解し、苦笑いして、すみません、という顔になったのです。

 「道祖神はいるだけでいいんです」と私は続けました。
 「園の中を歩いているだけでいい。車いすに乗って子どもたちを眺めているのもいい。門のところで、毎朝親子を迎えるだけで、園の『気』が整ってくるのです。園のかたちが、すーっと治まってくるんですよ。母親の心が落ち着いてきます。その瞬間、あなたは、道祖神の息子です」

 子どもたちが育ってゆく風景の中で、私は、園長という名の道祖神たちを見てきました。直接教わったこともたくさんあります。道祖神のいる風景から、私は、考え、保育における視点を学んだように思います。園は、子どもが育ち、親が育ち、道祖神が現れ、磨かれて来た場所です。そういう場所には自然と絆が育つ。言葉では説明のつかないコミュニケーションの絆が、大自然に近い秩序を生む。日本人はそういうことに敏感でした。大木を切ることにさえ躊躇してきた民でした。

 もう一人の若手園長が、酔った勢いで聴きました。「うちには、もう道祖神がいないんです」
 私は、ちょっと考えてから言いました。「老人福祉をしている場所に行って、一つ拾ってくればいいんです」
 ちょっとお借りして来る、といういい方が正しかったと思います。
 人間は、幼児に囲まれなくても、10人に一人くらいは、ある年齢に達した時、道祖神の領域に入ると思います。それは、必ず見える。平和で幸福そうな顔が出来上がっています。
 そのあと、私は宴席で密かに思い出していました。数日前、NHKの特集番組で見た「インカ帝国のミイラ信仰」を…。文化人類学的にですよ、あくまでも。

 ご先祖のミイラが村に一つあって、それに向かって村人の心が鎮まっている風景です。心が一つになっている。
 人間たちが遺伝子の中に持った太古の流れを、時々意識しないと本来の目的を見失います。それどころか、幸せに生きるための秩序を失うのです。そして、闘い始める。私の想像力は、もう一歩飛躍します。厚生労働省がこんな告知をするところを思うのです。

 「保育園で道祖神を引退させると法律で罰せられます」

 厚生労働省が、こういう視点を持つことが出来るだろうか?答えは否、でした。情報に頼る思考の進み方にも問題はあるのですが、一番の問題は現場の風景を知らないことにあるのです。次元が交錯する人間たちの「気」の交流現場を知らない人たちがシステムを考えていることに、現代社会の欠陥があるのです。感性が鈍るのです。その人たちも、家へ帰れば子どもたちの運動会に一喜一憂し、保育参観日に、必ず、ふと我に返ります。細胞は死んでいない。生きる場所を失っているだけです。

 アンデスの山を思いながら、「道祖神は、ちょいと惚けてきたら、なお良いのかもしれない」と思いました。
 私は、埼玉県の教育委員をやりながら、時々道祖神たちの顔を思い出します。視点を変えれば見えてくるものがある、と発言します。私の発言は、県庁の中で少し浮いているような気もします。同時に教育局の人々に何かが通じているようにも思えます。道祖神を見る人間の目や心情を教育の現場に復活させる方法はいくらもあるのです。教育局の人たちが「一日保育士体験」をするだけで、ずいぶん地球に変化はあるのです。そういう視点や方法を子どもたちが育つ仕組みに応用していかないと、親たちの不安は治まらない。先生と親たちの心が一つにならない。いま、意識して太古の視点を思い出さないと、学校という歴史の浅い巨大なシステムが、はるかに古い魂を持つ「家庭」や「部族」を崩壊させるのが私には見える。家庭が崩壊しては困ります。家庭が幼児を守り、幼児たちこそが、道祖神たちを生み出しているのですから。
 私は、質問をしてくれた園長先生のお寺で、引退した先代にお会いしました。見事なお顔でした。

 「40年以上園児に囲まれた保育士に引退はないのですよ」とお話しすると、先代はとても喜んでおられました。
 「園に行きたい、とこの頃思っていたんですよ」とおっしゃった道祖神と二代目のお嫁さんの姿を、私は携帯カメラで撮りました。私の道祖神コレクションの一枚になりました。

(ところで、この2代目のお嫁さんが、若いのにすでに道祖神の素養を持っているのです。類は友を呼ぶ、というべきか、前世の因縁というべきか、保育園の周りには、不思議な魂が集まって来るのです。)

(C) Kazu Music Japan 2008